電話番号 0467-50-1611
〒253-0042
神奈川県茅ヶ崎市本村4丁目22-25

胃内視鏡検査

大腸内視鏡検査

乳腺診療

甲状腺診療

オンライン診療

茅ヶ崎、湘南エリアの乳腺・甲状腺診療、大腸内視鏡、胃内視鏡検査のクリニックをお探しなら湘南みわクリニックへ

一般外科

よくあるご質問
お知らせ
Web予約システム PCから当日の診療順番予約がとれるようになります。

一般外科の診療内容

  • ケガ(創キズ、打ち身、捻挫、交通事故など)
  • 腫れ物(しこり、腫れ)
  • 呼吸器の病気(咳、胸痛、息苦しさ)
  • 胃腸病(胃腸、肝臓・膵臓の病気、腹痛・下痢、便秘)
  • 乳腺、甲状腺の病気
  • 手足腰首の痛みの診療
  • 各種がん診断・治療

外科一般の初期診療をします。ケガ(創キズ、打ち身、捻挫、交通事故など)、腫れ物(しこり、腫れ)、胃腸病(胃腸、肝臓・膵臓の病気、腹痛、下痢、便秘など)、呼吸器の病気(咳、胸痛、息苦しさ)、乳腺、甲状腺、手足の痛みの診療、各種がんの診断・治療を行います。

院長は外科専門医、救急科専門医、日本プライマリケア連合学会指導医として、長年救急センターで勤務し、子供から大人、ご高齢者まで、緊急に来院するさまざまな患者さんの診療を行い、第一線の救急現場で「ドクターG」として、若い医師の指導をしてきました。多種多様な患者さんのケアをしてきた経験を活かして、内科とか外科とか消化器科とか泌尿器科とかいった診療科別の診察ではなく、「机の角にぶつけて血が出てます」「おなかがいたいんですかが…」「首にしこりが…」「腰が痛くて…」「急に鼻血が出て…」「おしっこが近くて…」など、患者さんの困った状況を全て受け止めて、家庭医・総合医として、日々の診療にあたりたいと思います。

おおまかな一般外科診療の流れ

受診

一般外科診療は、いつでも予約なしに診療いたします。

重症度・緊急度の判断から診療順が急に変更されることがあります。
ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。
診療はすべて医療保険で行います。

 
問診と
バイタルサイン
検査

診察検査の前に問診を行い、患者さんの疑問や不安に関して丁寧にお答えするよう心がけています。
問診と同時にバイタルサイン(血圧、脈拍数、体温、呼吸数、酸素飽和度)検査も行います。

 
視触診

大多数の方には、上半身を脱衣していただき、椅子に座ったままの体位(坐位)で診察します。
必要に応じて仰向けに寝た体位(仰臥位)の診察も追加します。
下半身の診察では、ベルトを緩めたり、ズボン、パンストなどを脱衣していただくこともあります。

 
胸部/腹部、乳腺/甲状腺/血管
エコー検査

エコー検査は、超音波で体の表面からでは見えないところも、断層像として見えるようになる、魔法の「聴診器」です。当院ではエコー検査を積極的に多用して診療にあたります。触れることができない病変でも見つけ出し、病変の大きさや広がり、血流状態や重要臓器との関連などの詳細な情報も引出して、安全で正確な診断治療に生かせます。院長は日本超音波医学会の専門医・指導医で、長年検査技師の指導に従事してきたベテランで、エコー検査の能力を最大減に引き出し、診断と治療方針決定に活用します。

 
レントゲン検査

胸、腹部レントゲン等の一般レントゲン撮影は、必要時にその場で行います。

 
血液検査

診断や治療効果を確認するために必要であれば、採血検査します。
一般採血検査では、翌日には結果をご報告できます。
特殊採血検査では、7日め以降の再診時に結果を説明いたします。

 
細菌培養検査/細胞診検査

感染症では、尿、膿、浸出液、鼻汁・咽頭ぬぐい液などに潜む、感染原因となる細菌を検出し,さらにはどの抗生剤が有効かを調べる感受性試験を行います。7日め以降の再診時に結果を説明いたします。
細胞診検査は、尿、乳汁の中に混じっているがん細胞を見つけ出す検査です。皮膚皮下腫瘤の中に細い針を誘導して、組織液と細胞を吸引して採取する穿刺吸引細胞診検査も外来ですぐ行います。

 
外科処置

必要な外科的処置をその場で行います。
痛みがないように、局所麻酔、神経ブロック、鎮痛剤投与などを追加します。
ケガでは、打撲擦過挫創部位の消毒、縫合、固定処置をします
ヤケドの創部処置や、皮膚皮下膿瘍の切開排膿処置をします。
喉に刺さった魚の骨や、指に刺さった棘抜きなどもよくあります。
鼻出血や痔出血の止血処置もします。
皮膚皮下乳腺の腫瘍切除、ほくろやいぼの切除は、その場ですることも、後日日程を調整して実施することもあります。
翌日もキズの処置のため来院を要することがあります。

 
検査結果説明と
投薬

特殊採血検査では、7日め以降の再診時に結果を説明いたします。
検査当日に視触診・エコー検査、レントゲン結果を説明し、その時点で必要な投薬治療も行います。
採血検査結果は翌日以降の再診時に結果を説明いたします。

PAGE TOP